ご意見・ご感想等お気軽にコメント下さい

蟻のエンサイクロペディア
掲示板

アリの飼育観察に関するご質問も可能な範囲でお答えいたします
アイコン設定
投稿者さん使い方

掲示板の主旨に反する投稿は掲載されません。掲載の是非は管理者が判断いたします。予めご了承願います。
ニッシーさん (96ffy2u4)2024/7/18 21:02 (No.1217745)削除
出張先でサムライアリの奴隷狩りに遭遇し、その後すぐにサムライアリの脱翅雌を発見・採集しました。『奴隷狩り狩り』を行ったのは言うまでもありません。
明日帰るまで無事でいて欲しい…。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/7/19 11:55削除
ニッシーさんこんにちは。
サムライアリを発見ですか!!
僕は“サムライアリの奴隷狩り行列の観察”、“奴隷狩り狩り”は何度か経験済みですが笑、飛行後の脱翅雌採集はまだ叶ったことがありません。羨ましい…!!
寄生も順調そうで楽しみですね👍
飛行データも記録させて頂きました。ありがとうございます!
返信
返信1
ニッシーさん (96ffy2u4)2024/7/10 06:53 (No.1210829)削除
遅ればせながら、この夏初のアシナガアリ新女王が採集出来ました。
今年は梅雨入りが遅かったのも関係しているのか飛行のピークはまだまだ先の様な気がします。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/7/11 03:38削除
ついにアシナガアリ始まりましたね!
確かに昨年に比べて飛び始めが遅いような気がします(…というよりは例年に戻った感じでしょうか)。
この時期の飛行種では人気ナンバーワンだと思うのでこれから数週間の飛行が楽しみです。
飛行情報反映させて頂きました。ありがとうございます!
返信
返信1
匿名さん (95orl9w4)2024/6/26 10:26 (No.1198892)削除
とても奇妙な蟻の行動に出くわしたので投稿します。

散歩していた際にかなりの量の蟻の行列?に出くわして観察してみましたところ、途中にあった蟻の巣に流れ込んでいきました。

その後、流れ込んで1分後くらいに繭や幼虫を持った蟻が出ていき、10メートル以上は離れている別の巣に持ち帰っていました。

これは蟻同士の戦争みたいなものなのでしょうか?
※巣を襲う前の行列と流れ込みの写真は撮りませんでした。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/27 03:35削除
投稿ありがとうございます。
これは“サムライアリの奴隷狩り”という行動ですね。サムライアリはクロヤマアリの仲間の巣を襲って繭や幼虫を自分達の巣へ持ち帰り使役奴隷とする生態を持っています。彼らはクロヤマアリに巣内で働いてもらわないと生きていけないように進化しており、大顎はクロヤマアリの幼虫や繭を掴みやすい鎌状の形になっています(写真でもよく見ると確認出来ます)。
面白い行動ですよね。僕はまだ今年みれていないので羨ましい!!
匿名さん (95orl9w4)2024/6/27 18:42削除
返信ありがとうございます。

餌のつもりではなく労働力として連れ去るとか、かなり特殊な生態ですね。

また、移動中は広範囲に広がってうじゃうじゃしながら進んでいましたが、巣を見つけると一気に流れ込む光景は動画とかでは中々見れない行動でしたので見応えありました!
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/29 16:59削除
迫力ありますよね。
良いもの見られましたね!
他にもアカヤマアリなどが同様の奴隷狩りを行います。
アリは驚きの生態が一杯です🐜
返信
返信3
ニッシーさん (96ffy2u4)2024/6/25 08:32 (No.1198083)削除
今年もフシボソクサアリ新女王を採集出来ました。
去年採集したのが7月末だったので1ヶ月程早いですが、梅雨〜しばらく飛び続けるのかもしれません。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/26 11:04削除
貴重なフシボソクサアリの情報ありがとうございます🙇‍♂️
ヒゲナガケアリが寄主のアリだったと思いますが僕はヒゲナガケアリ自体を“ある程度山っぽいところ(ある程度登ったところや標高がやや高めなところ)”でしか見たことがありません。見つけられたのはやはりそういう感じのところなのでしょうか?
ついついクサアリ自体を直接探す頭になってしまいますが寄主のケアリから探すのも面白そうですね。
ニッシーさん (96ffy2u4)2024/6/26 23:07削除
クサアリの寄生は「ケアリだったらどれでもイケるっしょ」と甘く考えているのでその頭はなかったです(汗)
採集したのは去年と同じ場所で山裾なんで山といえば山ですが標高は高くはないと思います。
最近ケアリは女王もワーカーもスルーしがちなんですが改めてしっかり観察してみようと思います。
返信
返信2
羽黒さん (96an1l2a)2024/6/21 23:52 (No.1195417)削除
初めまして、羽黒と申します。

6月16日の深夜、自室にムネアカオオアリの女王アリと思しき個体(体長約20mm)が出没したので捕獲いたしました。
その日は朝から雨が降っていて夕方には上がったので、結婚飛行があったのではないかと思います。
場所は福島の会津地方です。

その個体を飼育しようと考え飼育方法を調べていたところ、こちらのwebサイトに辿り着きました。
私は初めてアリの飼育に挑戦するのですが、とても助かっております。本当にありがとうございます。
卵の面倒を見ているムネアカオオアリの女王アリ(暗くてぼやけた写真しか撮影できませんでした、すみません)
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/22 03:19削除
羽黒さん初めまして。書き込みを頂きありがとうございます!
ムネアカオオアリの新女王を採集されたのですね。ムネアカオオアリは大きくて見やすく尚且つ飼育もしやすいアリなので、初めてのアリ飼育には最適なアリだと思います。
自然下では倒木や腐朽木などやや湿り気のある場所に営巣する種なので石膏巣などで湿度を保ちながら飼育されると良いと思いますよ。
何か分からないことなどありましたらお気軽にお尋ね下さい。

また、HP内の“結婚飛行グラフ”というページで各種の飛行情報を集めて掲載させて頂いているのですが、今回のムネアカオオアリの飛行情報も掲載させて頂いてよろしいでしょうか?
羽黒さん (96an1l2a)2024/6/22 05:53削除
アドバイスありがとうございます!
湿らせたティッシュでやっていたのですが、どうにも湿度の管理が難しく感じていたので、石膏巣で飼育しようと思います。
既に石膏は通販で注文済で今日届く予定なので、届いたら早速作業に取り掛かろうと思います。

初めての飼育で上手くやっていけるか不安が大きいですが、わからないことがあったら質問させていただきますね。とても心強いです、ありがとうございます。


はい、初投稿の前に結婚飛行グラフのページを閲覧していたので、私も微力ながらお力になれればと思っての投稿でした。
もちろん掲載していただいて大丈夫です!

これからよろしくお願い致します!
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/23 01:40削除
石膏を手配されているならこれから飼育巣作りやその飼育巣を使っての飼育が楽しみですね!
また、飛行情報ありがとうございます。
早速反映させて頂きました!
羽黒さん (96an1l2a)2024/6/23 10:20削除
はい、ありがとうございます!
飼育巣作りと飼育頑張ります!
返信
返信4
えだまめさん (967m9mhb)2024/6/19 21:07 (No.1193784)
5/26、5/29、6/8、6/14、6/18にクロヤマアリの結婚飛行を確認しました。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/20 01:35削除
結婚飛行情報ありがとうございます🙇‍♂️
クロヤマアリは断続的に飛びますよね。
それを示すような連続したデータは大変参考になります。
データの方、早速反映させて頂きました!
ありがとうございました!
返信
返信1
匿名さん (95orl9w4)2024/6/6 16:28 (No.1183066)削除
初めての投稿になります。

1週間前くらいに自宅のあるマンションに大量の翅アリが飛来しており、目の前で翅を落とした蟻を捕まえたのですが、いっこうに卵を産む様子がありません。

大きさは10ミリ程度で女王蟻としたらお腹は細め、体は黒色ですが、足は少し茶色ちっくです。

自分なりに調べてみました感じ、クサアリ種なのかなと思っています。
もしかしたらクサアリ種の寄生タイプなのかなと思っていますが、可能性としてあり得そうでしょうか?

なお、捕まえた場所は埼玉です。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/8 00:34削除
コメントありがとうございます。
羽アリが飛行していて脱翅した個体を採集されたのですね。
飛行時期的には仰られるクサアリの仲間は当てはまりますが、サイズが正確であれば10mmあるクサアリの仲間はいません。
実際に10mmあり、飛行時期的にも可能性があるのはクロナガアリ、ヨツボシオオアリ、クロヤマアリでしょうか。
確認として、腹柄節は1節でしょうか2節でしょうか?また、サイズは正確に10mmでしょうか?
匿名さん (95orl9w4)2024/6/8 10:24削除
返信ありがとうございます。

大きさですが、正確に確認したところ10ミリはなさそうでした。(5~8ミリ程度?)

腹柄節は1節だと思います。

とても活発に動いているので弱ってはいないと思うですが、環境がよろしくないとかですかね?
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/8 21:41削除
腹柄節は一節のようですね。
サイズも確認ありがとうございます。
写真を拝見した限りではクサアリではなくアメイロケアリの仲間のように見えました。
もしアメイロケアリであればクサアリ同様にケアリ寄生種となりますので、寄生させない限り単体では生きられません。
活発に動いているのは寄生先を探して歩き回っているのかもしれませんね。
匿名さん (95orl9w4)2024/6/8 22:32削除
ご回答ありがとうございました。

そうなると野生に逃がしてあげるのが無難な感じしますが、今から外に逃がしても問題ないですかね?

それか頑張って野生のケアリのワーカー捕まえて一緒にしておけば卵産み始めたりするでしょうか?
(卵とかも事前に必要?)
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/9 11:51削除
逃してあげても問題ないと思いますが寄生という難関が待っていますから生き延びられる可能性は高くはありません。ケアリのいる森など近くにあればそこに放ってあげるのが良いのではないでしょうか。
もし飼育下に置くならケアリが必要となりますね。ワーカーをある程度の数採集して寄生を試みる方法もありますが、逆にケアリワーカー達に攻撃されてやられてしまうリスクもあります。
オススメは最低限のワーカーと残りは羽化前の繭をたくさん入れる方法です。新しく羽化したワーカーは女王への攻撃をしないのでリスクがだいぶ軽減されます。
ケアリのコロニーを見つけて繭を採集出来るかどうかはもちろん運や労力を必要としますので情報まで。。
匿名さん (95orl9w4)2024/6/9 15:36削除
色々ご回答ありがとうございました。

捕まえといて直ぐに逃がすのも勿体ないと思い、まずはワーカーを入れてみて寄生に試みようと思います。

最後にYouTubeの動画いつも見ています。
なので、これからも蟻配信頑張ってください。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/6/10 09:40削除
こちらこそご質問ありがとうございました。
寄生は難関ですが、寄生を試みる過程でまたアリの面白さが垣間見えると思います。
寄生がうまくいくことをお祈りしています。
配信も頑張ります!
返信
返信7
匿名さん (8pyxvkf9)2024/5/3 13:00 (No.1153256)削除
ほぼ一年ぶりの投稿です。2023年5月に捕獲したクロオオアリコロニーの幼虫、よく見ると真っ白い子が数匹います。腹部に給餌の様子が見えないのですが、きちんと育っているようです。他のコロニー(クロオオアリ2023年分は5コロニー。ムネアカオオアリ2コロニー飼育中です)では見かけないのでどういった状態なのだろう??とこちらに投稿してみます。
クロオオアリ飼育者さんで同様の幼虫を確認した方はおられますか?
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/5/5 12:55削除
匿名さんこんにちは。久しぶりの投稿ありがとうございます!
クロオオアリに中に餌が入っていないように見える白い幼虫がいるんですね。他のいくつものコロニーでは確認出来ないものがそのコロニーにだけ確認出来るというのも不思議ですね。
僕も普段そこまで幼虫に注目していないというのもありそのような幼虫は見た記憶がありませんが(裸蛹化する種では蛹化する直前の幼虫が排泄をして真っ白になるのはありますが)、今後注意して見てみたいと思います。
誰か同じような現象見たことある方いませんかね〜??
匿名さん (8pyxvkf9)2024/5/6 21:11削除
先日の書き込みの後、当該コロニーをよく観察していたら、白い幼虫は裸蛹になりワーカーたちに食べられてしまっていました。発育不良の幼虫だったようです。クロオオアリとムネアカオオアリは裸蛹はあまりないと思っていたので驚きました。
また2024.05.04クロオオアリ・ムネアカオオアリ・ミカドオオアリが飛びました。5/5も少数ですがオオアリが飛んでいた模様。(茨城県県央地区)
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2024/5/7 23:27削除
裸蛹になりましたか。オオアリは基本的に繭を張りますが稀に裸蛹を作るケースを見かけます。裸蛹になった場合はやはりうまく成虫にはなれずに終わってしまいますが、幼虫段階から何らかの異変が現れているということでしょうか。興味深い事例をご報告頂きありがとうございました。

飛行情報も早速反映させて頂きました!
返信
返信3
無名の蟻飼いさん (8xadyisp)2023/11/8 01:40 (No.967881)削除
質問失礼します。
トビイロケアリを飼育しているんですが、長期出張で家を空けてしまい、給水忘れで働き蟻が全滅し、女王蟻だけ残ってしまいました。ここからコロニーの復活は出来ますでしょうか?本当に申し訳ないことしたと思っています。
元は働き蟻100匹ほどいたコロニーで立ち上げから三年半経過しています。
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2023/11/10 23:19削除
コメントありがとうございます。
トビイロケアリのワーカーが乾燥で全滅してしまったんですね。僕も何度かそのような状況に陥ったことがあるのでやり切れない思いお察しします。
これから冬に入りますから時期的にここからすぐに女王が産卵を再開することは難しいと思います。
女王が単独で越冬しなければいけない状況でワーカーもいないということであれば持ち直すのは正直難しく感じますが、冬を越せればまだ希望は見出せるかもしれません。
他者の力を借りることになってしまいますが、同種トビイロケアリの繭などを野外採集(もしくは飼育されている別のコロニーがあればそこから取り分けるなどして)導入して補強する方法もあるかと思います。
まずは女王の生活環境を整えて適宜体力補強をしてあげて、あとは女王に残された体力などのポテンシャルに掛けて冬を越せることを祈る感じでしょうか。
幸運をお祈りしております!
返信
返信1
ニッシーさん (8wda31aq)2023/10/15 21:35 (No.939142)削除
今日のお昼、家の前に雄アリが飛来しました。
2匹いたんですが、コレ…トゲアリですよね?
ウチの近所にはいる筈無いんですが…
蟻のエンサイクロペディアさん (8wddfsz9)2023/10/15 23:09削除
こんばんは。
まだギリギリ飛行シーズンであることやモジャモジャの体毛、大きさもそこそこありそうなことなど確かにトゲアリっぽいですね…
目に付かぬどこかでひっそりと営巣しているんでしょうか。

僕がよく行く某フィールドでもワーカー一匹見たことがありませんが過去には発見情報があったり…
このオスアリにどこから来たのか聞いてみたいですね笑
返信
返信1

Copyright © 蟻のエンサイクロペディアの掲示板, All Rights Reserved.